妊娠中に脱毛施術が受けられないのは何で?理由は?

「妊娠に気付かず光脱毛施術を何回か受けていた…」なんて後から妊娠が発覚するケースもありますが、基本的に妊娠中は脱毛エステで施術を受けることができません。

あ、妊娠中に施術を受けたからといって胎児・母胎に悪影響があるわけじゃないので安心してください。

ただ、脱毛サロンにしても光脱毛の家庭用脱毛器をお持ちの方も、無事に出産を終えるまでは無駄毛処理は避けた方が無難です。

妊娠・出産後にまた毛が生えてくることがあり意味が無い可能性も

なぜかというと、妊娠中はホルモンバランスが崩れます。

毛の成長というのはホルモンバランスに強く影響を受けるため、妊娠中に脱毛しても、脱毛効果が得られず、また同じ所から生えてくることが多々あるのです。

また、逆に多毛症といって毛が濃くなる可能性もあり、あまり脱毛施術をしても意味が無いので無事出産するまでは無駄毛処理のことは忘れましょう。

せっかく施術しても思うように脱毛効果が得られない場合がありますし、普段より毛が濃くなったりコンディションも安定しません。施術したからと言って胎児に深刻な影響が出るわけではないようですが、皮膚も非常に敏感になっているので総合的に考えて脱毛にふさわしい時期とは言えません。


と、ここまでは建前です。(イヤマジデ;;

脱毛サロン側の本音

これは脱毛に限らないのですが、妊婦に対してこれが安全、あれが安全と臨床実験するわけにもいかないため、多くのことが妊娠中に安全かどうか、胎児に対しても安全かどうか証明するデータが取れないんですね。

なので、脱毛もそうですが、健康食品とかも免責事項や注意事項として妊娠中は医師の判断を仰ぎなさいということが書かれていますし、脱毛も胎児に対して本当に本当に安全で0.001%のリスクもないのかどうかなんて分からないわけです。

何かあったときのリスクを脱毛サロン側は取れるわけもないので、基本的に妊婦は施術できないとルール上決めているんですね。ある意味責任を持っているからこそ妊娠中は施術できないということになっているのです。

逆に「妊娠中でも大丈夫ですよ」というサロンがあったら、ちょっと信じない方がいいかもしれません。無責任なので。

今後妊娠する予定がある人はどうすればいい?

もし近い内に妊娠する予定、可能性がある方の場合は無期限で予約が取れる脱毛サロンを選びましょう。
例えばエターナルラビリンスは6回コースと12回コースは期間無制限です。
回数無制限コースは30年間保証ですが、30年もあれば十分でしょう。

ジェイエステのように3年間12回というように期間の制限があるサロンも結構ありますので、結婚や妊娠の可能性がある場合はサロン選びの際に期限があるのかどうかのチェックは必ずした方が良いです。


全身脱毛するなら以下4サロンから選ぶとよいです

 

「妊娠中に脱毛施術が受けられないのは何で?理由は?」について

年間パスポートなど長期的なプランを契約する際、妊娠による有効期限の延長が可能かどうかもチェックしておいた方が良いでしょう。 「普段働いているけれど出産までは休暇中だし、子供が生まれる前に無駄毛をつるつるにしたい」と考える女性も少なくないようですが、妊娠中は普段とは精神状態、身体状態が本当に変わります。 ですからいつもなら大丈夫な痛みにも過敏に反応する恐れもありますし、万が一施術中に体調を崩しても脱毛エステサロンは医療機関ではありませんから、適切な処置をすぐに行うことができません。 そういった諸々の事情も踏まえ、妊娠中の脱毛施術はお断りしている脱毛エステサロンが大半です。 最近大人気のマタニティエステでも不安定な妊娠初期は避け、比較的安定する中期から施術を開始するそうです。