脱毛サロンにはどんな服装で行くべき?

最終更新日: 2017年4月6日

前後で日焼けしないような服装&脱ぎ着しやすい服装がベター

ぶっちゃけ何を着ていっても別によいのですが、強いて言えば脱毛する箇所のお肌を露出しない服装かつ脱ぎ着しやすい格好がよいです。

日焼けして炎症した状態のお肌ですと脱毛の光を当てるのを断られることもあります。

また、脱毛施術の後のお肌はヒリついたり、刺激に対して敏感な状態です。

その抵抗力が弱まっている状態でお肌を露出したまま帰り道で紫外線に当たると肌荒れの原因になってしまいます。

あと、全身脱毛の場合、基本的にサロンでの施術の前には服を全て脱いでサロンで用意しているバスローブに着替えます。

なので脱ぎ着しやすい服装の方がよいでしょう。

サロンに行くときは無駄毛がほんの少しだけ伸びている状態がよい

光脱毛(IPL脱毛)は黒い毛にのみ反応する光で脱毛する器械なので、施術時にお肌からちょっとだけ無駄毛が出ている状態が一番脱毛効果を得られやすいです。

施術日の1~2日くらい前にカミソリか電動シェーバーで深ぞりしない程度に剃毛して、脱毛当日は少し毛の頭が見えているくらいの状態がベストです。

よってワキや脚など毛の太い箇所は多少無駄毛がポツポツと見える状態でサロンに行かないといけないので、その状態でお肌を露出するのは微妙です。

というわけで、

・行きの無駄毛の露出を隠す
・帰りの紫外線などの刺激からお肌を守る

この2点の理由から施術当日はなるべくお肌の露出を隠す服装にしておいたほうが宜しいかと。