VIO脱毛を薄くするための回数

最近ではアンダーヘアーの脱毛も20代女性を中心にサロンでは人気のコースとなっています。両ワキと足(ひざ下)の次に人気なのがVIOなんだとか。

Iライン(股の付け根・性器周り)とOライン(肛門周辺)は完全に無くしたいけど、Vラインははみ出す部分を無くして、あとは全体的に薄くしつつ残すというのがVIO脱毛される方では一般的です。

欧米ですとVIOは男女ともに完全に処理するのが当たり前ですが、日本でパイパンだとさすがに温泉とかフィットネスクラブでの入浴のときに恥ずかしいですからね。

Vラインだけを薄くしたい場合

Vラインを薄くしたい場合は、最初の2~3回は予約前日に全剃りして全照射してもらう必要があります。 このときばかりは一時的にパイパンになりますが我慢してください。多分逆に清潔感から快感になるかもしれません(ΦωΦ)フフフ

エステの光脱毛も、美容外科のレーザー脱毛も1回の照射ではそのとき体表に出ている成長後期の毛にしか作用しないので、1ヶ月もすれば新しい毛が休止期から成長期に入ってまた生えてきます。

生えてきた後の毛の薄さを確認しながら、もっと薄くしたいと思ったら、また全部剃って全照射してもらいます。だんだん生えてくる毛は薄くなるので、こんなもんかなと思ったら次の脱毛からは形を整えて外側だけ照射してもらえばよいです。

脱毛サロンのお姉さんはその辺の需要は分かっていますので、カウンセリング時に相談するといいですよ。

VIO脱毛で必要になる回数

VIOはその他の部位と比べると痛みを感じやすい部分になります。 そのため、脱毛するときの光の照射レベルも低く抑えますので、両ワキなどと比べると毛が減っていくペースが遅くなります。

施術のときに、「痛くても軽い火傷になっても構わないから出力レベルを上げて欲しい」と伝えればサロンによっては出力レベルを上げてくれるかも知れませんが、基本的には弱めの出力での照射になります。

VIOの脱毛で必要になる回数は、おおよそ薄くなるのに8~12回程度、より完璧を目指すと20回以上必要になる場合もあります。両ワキや脚などよりも多くの回数が必要になってしまいますが、毎日明るいところで誰かに見られる場所でもないので、ある程度の状態まで毛が薄くなったら割切って満足される方が多い部位でもあります。

VIO脱毛関連情報